歯科学 > 歯科臨床 > Occlusion

Occlusion



Occlusion


 明海大学歯学部客員教授 丹羽克味

◆著者の咬合理論のすべてをこの1冊に!
◆50年にわたる著者の臨床経験から導かれた咬合理論の集大成.
◆咬合は,どのようにして完成し,咀嚼や会話の機能をどう司り,生涯をとおしてどのように変化するか.この解明から,正しい咬合と咬合病の姿がみえてくる.
◆著者より
 日本顎関節学会は,2013年に「顎関節症の病態分類」を公表しました.この分類は,T型からW型に分けられ,V型は,関節円板障害型の顎関節症で,それには復位性と非復位性があり,W型は変形性関節症とされています.
著者は昔,顎関節症に関して次のような疑問をもったことがあります.
★V型とW型の顎関節症の治療法は,どのように違うのか.
★顎関節症の治療とは,関節円板を正常に復位させることや,変形した下顎頭を元の形態に戻すことだろうか.
★関節円板が前方転位を起こしたり,顎関節に変形をきたす病因は,本当に異常習癖やストレスなどの精神心理的因子の複合したものか.
★顎関節症の治療にスプリントを用いるが,その厚さは何mmで,咬合調整はどのようにするのか.
 これらの臨床的根拠はどこにあるのか.顎関節症の病因や治療法は,今日においてもまったく解明されていません.咬合性外傷,歯周疾患,そして,ブラキシズムの病因もまた,明らかになっていないのです.本書を読んでいただければ,大学で学んだ咬合の概念が一変し,上記の疑問に対する回答を得ることができます.
 また,本書の咬合理論を実践に生かせば,明日からの治療が変わり,診療時のストレスがなくなります.そして何よりもうれしいのは,患者さんが笑顔で来院されるようになることです.なぜなら,患者さんは日々の治療をとおして,徐々にそして確実に,噛めることを実感されるからです.
(2015年7月発行 第1版第1刷)

内容見本・主要目次はこちらです。

リーフレットを見る

ダイジェスト版を見る

商品番号 978-4-7624-0697-3
商品名 Occlusion
販売価格 12,960円
体裁 A4変型判/上製/247頁/カラー
送料区分 送料別

数量:

サイト内から検索

googleで検索
商品カテゴリ