栄養学 > 栄養教育論 > 栄養教育論

栄養教育論



栄養教育論
−栄養の指導−

編著
 東京家政大学      関口紀子
 昭和女子大学      蕨迫栄美子


 昭和女子大学      石井幸江
 東京家政大学      宇和川小百合
 東京家政大学      加藤由美子
 関西福祉科学大学    相良多喜子
 東京家政大学短期大学部 塩入輝恵
 くらしき作陽大学    山下静江
 東京家政大学      和田涼子

◆「栄養教育論」の体系づけを行った教科書.管理栄養士国家試験出題基準(ガイドライン)の改定に伴い内容を見直した.
◆広く最新の知見とデータを集め,客観的にわかりやすく記述.
◆図表を多く用い,見やすさにも工夫したレイアウト.
◆学生の理解の助けとなるよう,本文中の用語の解説を欄外に付した.
(2018年3月発行 第21版第2刷)

商品番号 978-4-7624-6857-5
商品名 栄養教育論
販売価格 3,240円
体裁 B5変型判/261頁/2色刷
送料区分 送料別

数量:

内容見本・主要目次

※リンクをクリックすると内容見本をご覧いただけます。

1章 栄養教育の概念

A 栄養教育の目的・目標

@栄養教育の定義
A栄養教育・栄養指導の歴史
B栄養教育と健康教育・ヘルスプロモーション
C栄養教育とQOL 
D栄養教育とほかの生活習慣 
E栄養教育の目標 

B 栄養教育の対象と機会

@ライフステージからみた対象
Aライフスタイルからみた対象 
B健康状態からみた対象
C個人・組織・地域社会のレベル別にみた対象

2章 栄養教育のための理論的基礎

A 行動科学理論と栄養教育

@行動科学と食行動変容
A栄養教育の課題に応じた理論の選択と展開
B栄養教育マネジメントにおける理論の活用

B 行動科学理論とモデル

@刺激−反応理論 (レスポンデント条件づけ,オペラント条件づけ) 
Aヘルスビリーフモデル(健康信念モデル) 
Bトランスセオレティカルモデル(行動変容段階モデル) 
C合理的行動理論・計画的行動理論
D社会的認知理論(社会的学習理論)
Eソーシャルネットワーク,ソーシャルサポート
Fコミュニケーションモデル
Gコミュニティ・オーガニゼーション
Hプリシード・プロシードモデル
I行動変容技法の応用

C 行動変容技法と概念

@刺激統制
A反応妨害・拮抗
B行動置換
Cオペラント強化
D認知再構成
E意思決定バランス
F目標宣言,行動契約
Gセルフモニタリング
H自己効力感(セルフ・エフィカシー)
Iストレスマネジメント
Jソーシャルスキルトレーニング

D 栄養カウンセリング

@行動カウンセリング
Aラポールの形成
Bカウンセリングの基礎的技法
C行動分析と行動随伴性
Dコーチング技法と接遇

E 組織づくり・地域づくりへの展開

@セルフヘルプグループ
Aネットワーク・組織づくり
Bグループダイナミックス
Cエンパワメント
Dソーシャルキャピタル

F 食環境づくりとの関連

@食環境の概念
A食物へのアクセスと栄養教育
B情報へのアクセスと栄養教育
C食環境にかかわる組織・集団への栄養教育
D食環境整備に関連した法律・制度・施策

3章 栄養教育マネジメント

A 栄養教育マネジメント概論

@栄養教育と栄養アセスメント
A栄養マネジメントの過程
B栄養ケアプロセス

B 健康・食物摂取に影響を及ぼす要因のアセスメント

@方 法 
A行動記録,行動分析
B栄養アセスメント
C個人要因(知識,態度,行動,スキル)のアセスメント
D環境要因(家庭,組織,地域)のアセスメント
E優先課題の特定
F非常時における栄養アセスメント

C 栄養教育の目標設定

@目標設定の意義と方法

D 栄養教育計画立案

@全体計画・プログラム案・学習指導案の作成
A学習者の決定
B期間・時期・頻度・時間の設定
C場所の選択と設定
D実施者の決定とトレーニング
E教材の選択と作成
F学習形態の選択

E 栄養教育プログラムの実施

@モニタリング
A実施記録・報告

F 栄養教育の評価

@評価の種類

4章 ライフステージ・ライフスタイル別 栄養教育の展開

A 妊娠・授乳期の栄養教育

@妊娠期・授乳期の栄養教育の特徴と留意事項
A母性の育成と栄養教育

B 乳幼児期の栄養教育

@乳幼児期の栄養教育の特徴と留意事項
A食事のリズム・生活のリズムの形成と栄養教育
B味覚・嗜好の形成と栄養教育
C幼稚園・認定こども園・保育所での栄養教育

C 学童期・思春期の栄養教育

@学童期の栄養教育
A思春期の栄養教育

D 成人期の栄養教育

@成人期の栄養教育の特徴と留意事項
Aワーク・ライフ・バランスと栄養教育
B勤務形態と栄養教育

E 高齢期の栄養教育

@高齢期の栄養教育の特徴と留意事項
A高齢期のライフイベント
(退職,死別,病気,介護など) と栄養教育

F 傷病者および障がい者の栄養教育

@傷病者の栄養教育の特徴と留意事項
A障がい者の栄養教育の特徴と留意事項
B医療と保健・福祉の連携による栄養教育
Cノーマライゼーションと栄養教育

付表・関係法規

サイト内から検索

googleで検索
商品カテゴリ